HOME >  読書で暇潰し > 古書
本を読むことって本当に必要なの??
最近、良く読書って本当に必要なのか??
出版社が儲けたいだけじゃないの??という話を聞きます。

なんと寂しいことでしょうか。
実際、ある程度はこういった大人の事情も絡んできているでしょうが、
全てがそうかと言うと、そんなわけはありません。

本を読む事は人格形成、知識の習得、語彙力アップなど
人間力を上げるためのエッセンスが沢山詰まっています。

また色んな考え方に触れる事によって、自分の視野も広がり
色んな方向から物事を見れるようになりますし、
なにより「客観的に物事を見れるようになる」というとても
大切な力を身につける事に繋がるのです。

全部の本が全部自分の為になるかというと、これもまた
なんとも微妙なところはありますが、少なくとも
本を読まない限りこういった考えもできないので
「他人の考え方に触れる」といった意味でも本は沢山読んでおいたほうが
良いと管理人は思っています。
人気小説からライトノベルまで何でも揃ったオンラインブックショップ


Coppyright © ひろっすぃ 2004-2011, All right reserved.