HOME > 読書で暇潰し > 読書感想文 > 駆けてきた少女
よく分からないストーリー??

シリーズ8作目となるこの小説。
出だしこそ良かったものの……
途中からと言うか中盤以降は、ナンと言うか
目的が不明瞭なままズルズルと最後まで……
と言った感じになってしまっています。

正直、この作品は管理人の中では「なし」で考えています。
1,2作目が素晴らしかっただけに残念。

感想@駆けてきた少女

主人公の「俺」が刺されるトコロから物語りは始まります。
流石の俺も寄る年波には勝てないのか、簡単に刺されてしまい、
医者からは「脂肪のおかげで助かった」とまで言われてしまいススキノ中の
笑いものになってしまった「俺」

刺した犯人をギャフンと言わせようと奔走していると……
知らず知らずの間に事件に巻き込まれて……という毎度お馴染みの
ベタな展開だったのですが、1作目、2作目(管理人は3〜7作目はまだ読んでない)とは異なり、
途中から目的がサッパリわからなくなっていきます。

なんか、当初の目的がどこへやら……って感じで話が進んでいってしまい
最後のオチというか終盤も「え??マジで???」と正直「がっかり」といわざるを
得ない展開で〆。1,2作目より分厚かったので期待してしまいましたが、
読んだ後に残ったものは……何か損した気分。というもの。

8作目ともなるとネタが尽きてしまうのか……
読む順番が、1⇒2⇒8と順番どおりになっていないのも原因の一つなのでしょうか。
もう1,2冊ぐらい読んでから、判断したいと思ったりします。


その他の口コミは⇒感想@駆けてきた少女

Coppyright © ひろっすぃ 2004-2011, All right reserved.